トップページ > 事業者向け情報 > 農業 >農業年表
本文

士別市の農業年表

士別市農業年表

 

旧 士別市

旧 朝日町

明治32年

屯田兵百戸(のち九十九戸)名越源五郎以下第五中隊長の指揮下入植、これを士別開基とする。  

明治33年

山畑源蔵が兵村大通で水稲はじめて試作。上土別、下土別への入植はじまる。  

明治34年

温根別への入植はじまる。  

明治38年

  朝日開基

明治39年

養蚕盛んになりハッカ、亜麻も栽培。  

明治40年

帝国製麻士別工場が操業開始。  

明治41年

多奇の富生藤吉、泥灰水田改良に客土を開始。でん粉の製造盛んになる。  

明治42年

  本通42線(現字中央4058番地)で水稲が試作される。(朝日町の水稲の始まり)

明治44年

天塩澱粉同業組合設立。  

大正2年

全道的に大凶作。

大正3年

第一次世界大戦が勃発し欧州向け輸出品の澱粉・豆類高騰する。

大正6年

日本製麻株式会社士別精綿工場が創業。  

大正8年

でん粉生産が全道の40%に達する。 天塩川が氾濫し、開村以来の大水害となる。

大正13年

  穴田恒太郎らが発起人となり、士別村長小野幾太の協力のもと、東士別土功組合が創立。

大正15年

川西めん羊組合が設立される。 東士別土功組合により、かんがい溝開削がはじまり開田の気運が高まる。

昭和元年

大凶作。  

昭和6年

冷害による凶作。 冷害による凶作。甲子土功組合が創立。

昭和7年

大水害と冷害凶作が重なる。 冷害による凶作。

昭和9年

産業組合(農協の前身)発足。冷害凶作。 冷害による凶作。

昭和10年

冷害凶作。 冷害による凶作。

昭和11年

明治製糖株式会社士別工場(現在の日甜)操業開始。山崎永太が「水稲優良品種山崎糯の育成について」を天皇陛下に体験談を奏上する。  

昭和15年

水稲イモチ病大発生。  

昭和16年

冷害凶作。 冷害による凶作。
  (太平洋戦争勃発)

昭和17年

  伊勢神宮の御神馬に対する奉納えん麦耕作者として選ばれた登和里地区の林理右エ門が厳選したえん麦5俵を献納。

昭和21年

東洋製綿工場が操業。 東士別土功組合、甲子土功組合が上士別村土功組合(昭和26年に上士別土地改良区に改称)と合併。

昭和23年

士別、上土別、中士別、多奇、温根別農業協同組合設立。士別、上土別、多奇、温根別農業共済組合設立。  

昭和24年

  上士別村から分村し、朝日村が誕生。

昭和24年

  種雄馬清宝号を村有として購入し、馬産の振興と改良に努める。

昭和27年

  朝日村アスハラガス耕作組合が設立。朝日村村営馬検場で第1回輓馬競技会が開催。

昭和28年

上士別内大部貯水池決壊し大被害発生。冷害凶作。 冷害による凶作。

昭和30年

デイジー食品工業士別工場操業。全市にわたり大水害発生。山崎永太藍綬褒章を賜る。 水害による凶作。農業労務者受入協議会を設立し、山形県、宮城県から従事者を募る。

昭和31年

大冷害凶作年 冷害による凶作。

昭和32年

森永乳業士別工場操業。 板見でん粉工場の製品が全国でん粉品評会にて農林大臣から賞状を授与され、朝日村の名を全国に知らせる。

昭和33年

山崎永太氏推挙に名誉市民の称号贈る。士別市山崎賞条例制定。  

昭和35年

産米出荷三十万俵記年式典。農業大学開講。  

昭和36年

乳牛二千頭突破記念式典。 朝日村が中心となり、農協、共済、普及所などで朝日村病害虫共同防除組合を設立。それにより以降、作物の反収が増加。

昭和38年

東多奇酪農生産組合設立。  

昭和39年

冷害凶作。 冷害による凶作。

昭和40年

農業学園開設。冷害凶作。 上士別土地改良区が中心となり道営三栄地区温水溜池事業がはじまる。冷害による凶作。

昭和41年

市めん羊基地造成。冷害凶作。 岩尾内ダム着工。冷害による凶作。

昭和42年

第一次酪農近代化計画策定。天塩川上流総合かん排事業着工。大型水田造成開始。オーストラリアからサフォーク種めん羊百頭導入。  

昭和43年

士別市水稲試験場を設置。産米出荷50万俵突破記念式典。市公共草地造成。  

昭和44年

冷害凶作。  

昭和45年

米生産調整はじまる(2,050ヘクタールの休耕)。 米生産調整はじまる。(223ヘクタールの休耕)。

昭和46年

農業者年金業務開始。岩尾内タム完成。国営大和他区大規模草地事業着手。冷害大凶作。 朝日工区圃場整備事業がはじまる。道が提唱していた「農産漁村へ花嫁を」運動で実績が認められ、知事表彰を受ける。

昭和47年

農業振興地域整備計画策定森永乳業(株)士別工場閉鎖。  

昭和48年

  水田の休耕全市の75%(862.5ヘクタール)に及ぶ。

昭和49年

水田の休耕全市の75%(6,380ヘクタール)に及ぶ。市営湖南牧場に放牧開始。  

昭和50年

市農業振興条例を制定。士別市農業学校閉校。  

昭和51年

第1回市農業功労賞表彰。冷害凶作。  

昭和52年

士別農業協同組合ライスセンター操業開始。  

昭和54年

大和牧場に放牧開始第1回酪農まつりを大和牧場で開催。 水田の休耕全市の48%に及ぶ。

昭和55年

冷害凶作。 冷害凶作。

昭和57年

「アワヨトウ」大量発生、小麦に被害。 「アワヨトウ」大量発生、小麦に被害。

昭和58年

冷害凶作。 冷害凶作。

昭和62年

「アワヨトウ」異常発生、小麦・牧草等に被害。 「アワヨトウ」異常発生、小麦・牧草等に被害。

昭和63年

士別市農業協同組合発足(士別、中士別、上土別、温根別農業協同組合合併)。  

平成5年

冷害凶作。 冷害凶作。

平成8年

めん羊の伝染性海網状脳漿(スクレイピー)発生。  

平成15年

ディリーサポート士別、飼料供給開始。  

平成16年

北ひびき農業協同組合発足(士別市、多奇、和寇、剣淵、天塩朝日農業協同組合合併)。

平成17年

士別市と朝日町が合併し、「士別市」となる。

平成18年

北ひびき農業協同組合が、耕畜連携した資源循環型農業システムの確立を評価され、全国環境保全型農業コンクールで大賞(農林水産大臣賞)を受賞。

平成19年

川西地区が集中豪雨により甜菜などに被害。

平成21年

デイジー食品工業士別工場が閉鎖。

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?