本文

児童扶養手当

 父母の離婚などにより、父または母のどちらかと生計を同じくしていない児童(18歳に達した以降の最初の3月31日までの者。特例で、障害のある人は20歳未満まで)を養育している父もしくは母などに支給されます。ただし、この制度には所得制限があります。
 また、平成26年12月1日から、公的年金を受給している場合でも、児童扶養手当額を下回る場合は、年金額との差額を児童扶養手当で受給することができます。

 

支給要件

・父母が婚姻を解消した児童
・父または母が死亡した児童
・父または母の生死が明らかでない児童
・父または母が政令で定める程度の障害にある児童

申請に必要な書類

・請求者と対象児童の戸籍謄本及び住民票
・年金手帳(基礎年金番号通知書)
・健康保険証(請求者と対象児童)
・銀行預金等の通帳
・印鑑
 支給要件によっては、他に必要となる書類があります。

・申請者、対象児童および扶養義務者の個人番号カードまたは個人番号通知                カード

・申請に来られた方の確認ができるもの(免許証、保険証等)

支給額

認定となると、請求した月の翌月分から支給となります。
・全部支給 42,500円 
・一部支給
 所得に応じて42,490円~10,030円(所得に応じて決定されます。)
・児童が2人以上の場合
 全部支給 2人目    10,040円
      3人目以降  6,020

 一部支給 2人目    10,030円~5,020円(所得に応じて決定されます。)

      3人目以降  6,010円~3,010円(所得に応じて決定されます。)

支給日

・12月分~3月分 ⇒ 4月11日
・4月分~7月分  ⇒ 8月11日
・8月分~11月分 ⇒ 12月11日
 11日が土日祝日の場合は、その前日になります 


●問い合わせ先
 保健福祉部 こども・子育て応援室 子育て支援課 電話0165-23-3121(内線2137)
 朝日総合支所 地域住民課            電話0165-28-2121

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?