トップページ > 市民向け情報 > 福祉 > 生活保護 >生活保護
本文

生活保護

生活保護制度とは

人の一生の間には、病気をしたり、事故にあったり、生計の中心者が亡くなったり、いろいろな事情のために生活が苦しくなって、どうにもならなくなることがあります。
このようなとき、生活に困っている程度に応じ、国が定めた基準により、市長が必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障しながら、一日も早く自分たちの力で生活できるように援助するのが生活保護の制度です。
生活保護は、申請に基づいて開始されます。個人の秘密は固く守りますので、遠慮なく相談してください。

生活保護を受けるために必要なこと

生活保護の必要性の判断や扶助額の決定は、世帯全体で行われます。
家族みんなが力を合わせ、できるかぎり努力することが必要です。
(1)働くことのできる人は、できる限り働いてください。
(2)親・子・兄弟姉妹・前夫(子どもの父親)には、援助する義務がありますので、できる限り援助を受けてください。
(3)各種公的年金や社会保険の任意継続など、生活保護以外の制度で利用できるものがあれば、すべて受けてください。
(4)持っている資産で活用できるもの(売ってお金にかえたり、生活費にあてることができるもの)は、すべて活用してください。

~生活保護制度における資産の取り扱い~

土地・家屋:今住んでいる家やそれが建っている土地は、価格の高いものを除き、家族の人数に見合ったものであれば、そのまま住んだり持つことは認められます。

自動車:基本的に、持つことはできません。また、他人から借りて運転することもできません。ただし、身体に障害のある人が通院・通勤・通学・通所するために必要な場合などは、持つことが認められます。

生命保険:解約すればお金が戻ってくる場合、そのお金は生活費として使っていただきます。ただし、続けて加入することにより保障の効果を期待できる場合で、
 (1)解約しても戻ってくるお金が少ないとき
 (2)月額保険料が基準で定められた額より少ないとき
 (3)単身者で入院給付金などがあるとき
は、続けて加入できる場合があります。
なお、学資保険などは、貯蓄性が高いので認められていません。

物品:高価なもの(ピアノ、貴金属など)を持つことは認められていません。

現金・預貯金:保護が開始される時点で、最低生活費の半分程度まで持つことができます。

 

申請手続き

 1 申請

生活保護の申請は、本人のほか、扶養義務者や同居の親族ができます。
申請手続きの窓口は、保健福祉部福祉課・保護担当です。
申請のとき、次の書類を提出していただきます。書類の記載内容について、保護担当職員(ケースワーカーといいます)が、生活に困っている状況などを確認しながらお話をうかがいますので、ありのままにお答えください。
なお、それぞれの書類には印鑑が必要ですので、ご用意ください。
(1)生活保護申請書…申請者の住所・氏名、扶養義務者や家族の状況、申請理由
(2)収入申告書………世帯全員の収入状況
(3)資産申告書………土地・建物、現金、預貯金、生命保険などの状況
(4)同意書……………正しい援助を行うため、収入や資産内容について、保健福祉部が関係先に照会することに同意していただくものです。同意書がないため調査ができないときは、保護の決定ができない場合がありますので、提出にご協力ください。
事実と違った申告をして不正に保護を受けた場合、支給された保護費を返還することになり、罰せられることにもなりますので、ありのままを記載してください。

 2 調査

申請書類を提出していただくと、地区担当員(ケースワーカー)があなたの家庭を訪問して、生活に困っている状況や保護を受けるための要件が満たされているかなど、保護の決定のために必要な調査をします。
また、必要に応じ、銀行・生命保険会社など関係先に照会させていただきます。

〈調査期間中の注意点〉

申請後、決定までのあいだに、次のようなことが起きた場合、保健福祉部福祉課・保護担当へ連絡してください。
(1)世帯員が入院や通院する場合(この場合、必ず事前に連絡してください)
(2)生活保護で認められている8種類の扶助(「生活保護の概要」のページをご覧ください)に該当する出費が必要となった場合
(3)世帯状況に変動(転出・転入・転居など)があった場合
(4)収入(稼働収入・年金収入・仕送りなど)や資産に変動があった場合
(5)都合により、生活保護が不要となった場合
(6)その他、困ったことや疑問な点がある場合

 3 決定

調査が終わると、生活保護を受けられるのか(保護開始)、受けられないのか(申請却下)を決定し、文書でお知らせします。
決定は、申請日から14日以内に行うことになっていますが、調査が間に合わない場合でも、30日以内には決定します。
(1)保護のしくみ
生活保護は、国が定めた方法で、世帯の家族数や年齢などをもとに計算した月ごとの最低生活費(医療費を含む)とその世帯の収入を比べ、その結果、世帯の収入が最低生活費より少ない場合に、不足分について扶助が受けられます。
・保護を受けられる場合
 世帯の最低生活費より収入のほうが少ないとき、不足分が保護費として受けられます。なお、収入には、賃金や年金のほかに預貯金や保険給付金なども含みます。
・保護を受けられない場合
 世帯の最低生活費より収入が上回るため、保護を受けられません。
(2)保護が開始されることになった場合
「保護決定通知書」が届きます。
あなたの世帯の状況に合った扶助が行われることになり、その内容が記載されていますので、よくお読みください。
保護開始後まもなく、担当職員がお宅を訪問し、保護受給中の権利・義務などについて詳しく説明いたします。
保護費の支給は、原則として毎月1日に、保健福祉部福祉課又は朝日総合支所地域住民課の窓口又は、口座振込にて行われます。          (3)申請が却下された場合
「保護申請却下通知書」が届きます。
あなたの世帯は、生活保護の援助がなくても生活できると判断されたことになります。その理由は通知書に記載されています。

4 決定または却下の内容について、疑問や不服があるとき

(1)疑問があるとき
直接、保健福祉部福祉課におたずねください。

  

お問い合わせ

保健福祉部 福祉課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?