トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > 乳幼児医療給付 >医療給付制度と健康保険とのかかわり
トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > ひとり親医療給付 >医療給付制度と健康保険とのかかわり
トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > 重度心身障がい医療給付 >医療給付制度と健康保険とのかかわり
本文

医療給付制度と健康保険とのかかわり

療養費払いのときの助成方法

 保険証を使用しないで診療を受けたとき、または、治療用装具などの費用は、いったん全額を支払いますが、後で保険者(国保、健康保険組合など)に請求し、保険給付分の払い戻しを受けることができます。これを療養費払いといいます。
 療養費の支払いを受けたときは、必要書類をお持ちになり、市役所市民課給付年金係、朝日総合支所地域住民課、または各出張所に申請していただくと、保険診療の自己負担分をお戻しします。

 

必要書類

 ・保険者が給付した内容を証明する書類(決定通知書、支給証明書など)

 ・受給者証

 ・預金通帳など振込口座の分かるもの

 ・健康保険証


高額療養費および付加給付金の返還について

 保険診療に係る1ヵ月の自己負担額が一定額を超えたときに、その超えた額が高額療養費として、後で保険者より支給されます。また、保険者の中には、自己負担額の一部を付加給付金として払い戻す制度を持っているところがあります。
 各医療費受給者証を使用して病院などにかかられた場合には、自己負担分をご本人にかわって士別市が負担しておりますので、保険者から支給される高額療養費および付加給付金については、それを士別市に返還していただくことになります。(手続きなどについては別途お知らせいたします)
 


 

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?