トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 結婚・離婚 >国民年金のしくみ(資格・保険料など)
トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 引越し >国民年金のしくみ(資格・保険料など)
トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 逝去 >国民年金のしくみ(資格・保険料など)
トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 障がい >国民年金のしくみ(資格・保険料など)
トップページ > 市民向け情報 > 国民年金 >国民年金のしくみ(資格・保険料など)
本文

国民年金のしくみ(資格・保険料・給付・必要な届出)

 国民年金は、老後の生活や障がいを負ったときなどのために、世代と世代がお互いに支え合う仕組みです。
 一人ひとりが納める保険料と国の負担金で構成され、国が責任を持つ確かな制度です。


 加入の種別



国民年金に加入する人

原則として、日本に在住する20歳から60歳までの方は必ず加入することになります。
被保険者の職業などによって、3つの種別に分かれています。
加入の届け出先などの詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

第1号被保険者

20歳以上60歳未満の自営業者・学生・無職の人

第2号被保険者

厚生年金や共済年金に加入している65歳未満の人

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の人



希望すれば加入できる人

次の人は、必ず加入する必要はありませんが、希望すれば国民年金の任意加入者になることができます。

日本に住む60歳以上65歳未満の人
海外に住んでいる20歳以上65歳未満の日本人
老齢(退職)年金を受けられる20歳以上60歳未満の人

詳しくは→国民年金の任意加入制度


保険料の額・納めかた


加入の種別により、保険料の納付方法が違います。

第1号被保険者
任意加入者

郵送された納付書にもとづいて保険料を納めます。(注1)

第2号被保険者

毎月の給料やボーナスから保険料を納めます。
保険料は、被保険者と事業主が折半で負担します。

第3号被保険者

第2号被保険者が加入している年金制度で負担しています。
ご自分で保険料を納める必要はありません。


(注1)
月額400円の付加保険料を納めて、付加年金を受けることもできます。


給付の種類


公的年金は老後だけでなく、障がいや遺族になったときも保証が受けられます。
ただし、被保険者の種類や性別、生年月日などにより受けられる年金の額や種類が違うほか、
給付を受けるための要件等もそれぞれに違います。

老齢基礎年金
 保険料を納めた期間や免除を受けた期間などの受給資格期間が10年以上(平成29年7月までは25年以上)ある被保険者が、原則として65歳になったときに支給されます。
 ※平成29年8月から受給資格期間が「25年以上」から「10年以上」に短縮されています。
 詳しくは→老齢基礎年金のお知らせ

障害基礎年金
 被保険者が病気や怪我で障がい者になったときに、一定の条件を満たしている人に支給されます。
 詳しくは→障害基礎年金のお知らせ

遺族基礎年金
 死亡した被保険者によって、生計を維持されていた子のいる配偶者又は子に支給されます。
 子とは、18歳未満の子又は20歳未満の国民年金の障害等級で1級・2級の子。

 詳しくは→遺族基礎年金のお知らせ

付加年金
 第1号被保険者が定額保険料に付加保険料をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。
 付加保険料は月額400円です。
 ただし、国民年金基金加入者は納付できません。

 詳しくは→付加年金のお知らせ

寡婦年金
 第1号被保険者として保険料を納めた期間が25年以上ある夫が年金を受けずに死亡した場合、10年以上婚姻関係のあった妻に、60歳から65歳になるまで支給されます。
 詳しくは→寡婦年金のお知らせ

死亡一時金
 第1号被保険者として保険料を納めた期間が36ヵ月以上ある人が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受けずに死亡した場合に、その遺族に支給されます。
 詳しくは→死亡一時金のお知らせ


脱退一時金
 日本で年金制度に加入していた外国人の方は、日本を出国後、請求手続きをすることにより脱退一時金が受けられます
  詳しくは→外国人の年金

 

こんなときは届け出を


人生のさまざまな場面で年金の届け出が必要となります。変更があった場合は、忘れずに届け出てください。

現役加入者の届け出

こんなとき

どうする

届出先

住所、氏名が変わったとき

住所変更、氏名変更の手続きをする

第1号被保険者は市役所

第2号被保険者は勤務先

第3号被保険者は配偶者の勤務先

年金手帳をなくしたとき

再交付の手続きをする

第1号被保険者は市役所

第2号被保険者は勤務先

第3号被保険者は年金事務所

口座振替を開始(変更)するとき

口座振替納付(変更)申出書を提出する

金融機関または年金事務所

納付書を紛失したとき

納付書の再発行を申し出る

年金事務所

保険料を納めるのが困難なとき

免除の申請をする(学生の場合は学生納付特例の申請をする)

市役所


年金を受けている人の届け出
 

こんなとき

提出書類

届出先

住所を変えたとき

年金受給権者住所変更届

年金事務所

年金の受け取り先を変えるとき

年金受給権者支払機関変更届

年金事務所

年金証書をなくしたとき

年金証書再交付申請書

年金事務所

氏名を変えたとき

年金受給権者氏名変更届

年金事務所


 

お問い合わせ・関連リンク


士別市役所(市民課国民年金担当) 電話 0165-23-3121
朝日総合支所(地域住民課)    電話 0165-28-2121
「ねんきんダイヤル」(全国共通)   電話 0570-05-1165
        (IP電話・PHS) 電話 03-6700-1165
 
年金制度の詳しい内容について日本年金機構ホームページでご確認下さい。
 

 

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?