本文

国保とは

  国民健康保険は、社会保障制度のひとつであり、病気やケガをしたときに経済的な負担を軽くし、安心して医療が受けられるよう、加入者の保険税と道、国などからの補助金を財源に運営しています。

 平成30年4月から、これまで市町村単位で運営されていた国民健康保険について、都道府県が財政運営の責任主体となり、市町村とともに運営することとなりました。

 市では、これまでどおり、資格管理、保険給付、保険税の賦課・徴収等の窓口業務を行います。 

 
【国保に加入する人は】
 職場などの健康保険に加入している人や、生活保護を受けている人を除くすべての人が国民健康保険に加入します。

 

加入しなければならない方

・農業、漁業、自営業の方

・退職して職場の健康保険をやめた方

・パート、アルバイトをしていて、職場の健康保険に加入していない方、家族の健康保険の被扶養者でない方

 

【国保に加入する方法】
 市役所市民課国保係、朝日支所または、各出張所で届け出手続きが必要になります。

 手続きの種類、必要なものは国保の各種手続き・届出のページをご覧ください。

  

お問い合わせ

市民課国保係 23-3121(内線2113)  朝日支所 28-2121

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?